その他いろいろ

第一志望校の決め方

目指すべき中学校はいつから探すのか

我が家に関しては、小学校4年生で受験勉強を始めたものの、最終的に小学校6年生でどのくらいの成績になるのか、見当もつきませんでした。
まあ、塾にも行っていませんから、そこそこ中の上くらいの成績になれば御の字じゃないかなと思っていたのです。

ただ、せっかく受験勉強するのであれば、最上位クラスってどんな学校なんだろう、という興味は個人的にありました。
それに息子が自分で「こういう学校に通いたい!」と強く思える学校がなければ勉強のモチベーションも上がりません。
どうせ約3年も勉強するのです。
何よりもやる気にならなければ、勉強が続かないのではないか、とも思っていました。

しかし、そもそもですよ、ゴールが良く分からないのに一生懸命走り続けろ、というのは普通の社会人として考えれば、無理だと思います。
仕事だって、最終的なゴールを設定しないで、部下に対してがむしゃらに辛い事務作業をさせる上司がいたら、たぶん部下はつぶれますよね。

それなので、よく上位校を目指す親御さんにありがちな・・・

・とにかくめちゃくちゃ勉強させる
  ↓
・最終的に上位校に合格できる偏差値に届かせる
  ↓
・最終的な偏差値を見て第一志望校を決定する

という順番で進めていくのは、私はリスクが高いと思います。
お勧めできないですね。
途中で子供が疲れちゃうと思うのです。

漠然でいいので、受験勉強の後に待っている学生生活をイメージさせ、それを手にするために自ら勉強をするという形で意欲を高めていかないと、長い受験生活、普通は続きません。

もちろん、最初にハードルを上げて成績が上がらなかったらどうしよう、という心配はあります。
でも、最終的に偏差値や成績で自分の行きたい学校の受験自体が厳しいということになれば、それは自己責任とも言い切れますし、なにより子供が納得します。
もちろん、そうならないように親も粉骨砕身頑張るのですけどね。

それなので、受験の早いうちから、漠然としていても、複数でもいいので、志望校を決めておくのが私のお勧めです。

受験校の個性や雰囲気はどうやって調べるのか

うちの子供が通うことになった学校の保護者の皆さんの話を聞いて驚いたのは、ほとんど成績だけを基準に受験校を決めている方が非常に多かったことです。
でも、中学受験で入学する私立・国立は、かなり個性があります。
私は高いお金を払って自分の子供を入学させる以上、どういう雰囲気なのか、どんな授業なのか、実際の生徒さん達はどんな感じなのか、いろいろと学校の個性を知りたかったんです。
私も奥様も、公立中学しか知りませんし、まだ、当時はネット上には情報が少なかったこともあり、情報収集には苦労しました。
やはり基本は文化祭に行くことと、学校説明会に行くことだと思います。

文化祭

文化祭はその学校が総力を挙げて対外的に学校をアピールする機会でもありますから、どの学校も気合が入っています。
大抵の学校は生徒さん達もみなフレンドリーですね。
もちろん、普段の顔ではなくよそゆきの顔ではありますが、学校の生徒さん達の雰囲気は十分につかめます。
受験する予定の学校は必ず行きましょう。

うちも何校か行きました。
最初に行ったのは、文京区にある筑波大附属中です。
中学校の文化祭(この学校は中学と高校が別に文化祭をやっている)に行っているにもかかわらず、公立の高校の文化祭にお邪魔しているイメージでした。
これは私も奥様も公立中学、公立高校に通っていたので余計、そう実感したんですね。
なんというか、うまく表現できませんが、多分、私が通っていた公立進学校の雰囲気に似ています。
この学校は授業で作成した生徒さんたちのレポートも展示されていましたが、いやいやどうして「これが中学生かあ」と感心するものばかり。
私の感覚だと、「公立中学ではありえないクオリティ」と感心した記憶があります。
ああ、中学受験で入る学校って違うんだなあ、と実感した瞬間でした。

しかし、筑附は中学のみだったので、せっかくだからトップ校も見に行こう、となって筑駒や開成の文化祭にもお邪魔しました。
どちらも「文化祭ってこんなに人が来るのか!?」っていうくらい大盛況。
でも、行くと学校の雰囲気はしっかり分かります。
もともと、どちらの学校も私のイメージは「シャープ」。
見るからに「私頭きれますけど何か?」という感じの生徒が多いという勝手な妄想がありました。

しかし、開成は、私のイメージよりもっと「硬派」というか、「バンカラ」というか、そんな感じですね。
なかなか言葉にするのは難しいんですが、思っていたより男くさい印象です。
全体的には極めてエネルギッシュな感じがします。
なんというか、気合がみなぎっている感が半端ないです。
学校オリジナルグッズなんかは親御さんたちが売っていて、熱烈学校愛もすごい。

筑駒は逆に私のイメージよりももっと穏やかというか温和な感じでした。
ガツガツしていなくてスマートにふるまって、努力を見せない生徒さんが多い印象。
肝心の文化祭の展示や出し物は、めちゃめちゃ凝ってます。
すべての看板やら、展示物やらに細かいところまで丁寧に凝りまくっている感じですね。
いい仕事してますね~と思わずうなってしまうものが多かったです。
大抵、どんな文化祭に行ってもちょっと手を抜いているな、と感じる展示とかあると思うんですけど、ここにはないんですよね。
それが逆にすごいな、と思いました。

驚くべきは筑駒も開成も学校の文化祭は生徒だけで運営しているという事実。さすがです。
もう、進学校スゲーじゃんって感じで感動してました。

これはあくまで私の感想の一例ですが、こんな感じで、皆さんそれぞれ実際の学校に行くといろいろと感じることができるはずです。
多分、入学すればどんなお子さんも何とか学校になじむでしょうが、自分の子により合う学校を見極めるためにも文化祭は必ず行った方がいいと思いますよ。

学校説明会

不動の上位校については、基本的には秋に開催する学校が多く、それ以外の学校はだいたい通年行っています。
基本的に6年生向けかな、と勝手に思い込んでいましたが、そうすると忙しい6年生の時期にしかいけなくなり、機会を逃すはめになります。
これ、6年生まで待つ必要はありません。
目標としている学校があれば5年生でも行っていいと思います。
うちは機会を逃してしまい、2校くらいしか行けませんでした。
実際行ってみると、結構細かく授業や部活、課外活動まで含めた学校生活を丁寧に説明してくれるのでとっても役立つのです。
特に先生の個性はよーくわかりますね。
さらに大体個別の質問タイムも設定されているので遠慮なくいろんなことを聞くことができると思います。
漢字の解答はどのくらい厳しく採点しているのか、複数回受験した場合に有利になるのか、などなど皆さん聞きたいことはたくさんあるはずですからね。
5年生の時点で志望校候補に複数行ってみるといいと思います。

ネット上の中学受験校の情報は参考になるのか?

ネット上の情報にもいろいろありますので、ひとくくりではなかなか評価できません。
学校のホームページは必ず見るとして、まあ、情報として得られるものは少ないと思います。
かといって、掲示板系の情報は私はほとんど参考にしませんでした。
なので、当時は信頼できる人が個人的な視点で書いたブログ的な記事をよく参考にしていました。
鳥居りんこさんのHPとか、当時は息子さんの関係で東京の中学もたくさん出ていて面白かったんです。

でも、今は結構いろんな形で中学受験校の特集があるので、参考になりますよね。
現在、特に私がいいなあと思っているのは日経スタイルの特集。
開成麻布駒東など、上位校をはじめとして、結構掘り下げて取材しているので参考になります。
この、リーダーの母校と、学校のリーダーは、学校の空気感が伝わってくるので、中学選びの参考になるなあ、と思います。
私はこういう雰囲気とか空気感が伝わる記事が好きですね。

中学受験校の個性の違い

上記の日経スタイルの記事を見てもわかると思いますが、最上位校数校見てみるだけでも、全然個性が違います。
いや、ホント、まったく違う学校生活なんです。
偏差値ではほとんど差がないですが、開成も、麻布も、駒東もみんないい学校です。
でも、中身が全然違います。

ましてやそれ以外の学校なんてもっと個性に幅があります。

立地や規模、設備などのハード面も大きく違ってきますからね。思いついただけでも、

・高校入試はあるのか
  →あれば高校からの新入生はどんな感じでなじむのか?
・特進クラスはあるのか
  →通常クラスとの関係はどんな感じか?
・学食はあるのか
  →当然なければ毎日弁当が必要。

などなど、ありますよ。
6年通う学校ですから、学力なんかより、相性が悪いと結構辛い青春時代になっちゃいます。
そうならないためにもよーく情報を集めてみてください。

最後は親子で納得した中学校を!

以上は、あくまで学校選択の最初のステップにすぎません。
しかし、個人的には勉強のモチベーションを維持するためには必要だなあ、と感じています。

3年間って相当長い期間ですから、成績は絶対変動します。
特に成績が下がったときには、もうなんだか居ても立っても居られなくなります。
実際には、個人差がかなりありますが、過去問をやりこむ時期になるまでは、成績に引きずられてコロコロと志望校を変える必要はないと思います。
第一志望校はキープしておいて、併願校で調整する方法もありますからね。

家庭教師の先生とやり取りしながら考え抜いた受験校の最終決定の手法はまたいずれご紹介しますが、受験の目的とモチベーションのためにも自分の行く学校生活をよく知っておくのは必須だと思っています。

いずれにせよ、学校選びで考える要素はたくさんあると思いますが、結局、一番大事なのは親子で納得して受験できるか、合格したら行きたいか、という点に尽きます。
ここは、親子でケンカせずに是非、家族会議でしっかり話し合って決めてみてください。